簡単にできるアプリの制作方法の解説

簡単にできるアプリの制作方法を伝授します

アプリの制作は簡単に行うことができます

スマートフォン向けにアプリを制作したい場合には、一般的にOSメーカーから提供されるSDKを使ってプログラムを構築していく事になり、そのSDKに基づいてスマートフォン向けのパッケージに出力します。しかし、近年では、Web技術をベースにした開発が出来る開発環境も登場しており、これを使えば、より簡単に開発を進めていく事が可能です。Web開発で使われるHTML5やCSS3、JavaScriptでソフトウェアの開発を行え、JavaScriptからAPIを通してネイティブ処理をある程度出来るようになっているのが特徴であり、従来のようにJavaやC++について覚える必要が無いのが利点と言えます。一方で、ソフトウェアの動作速度はネイティブで開発した物に比べますと制限があります。

スマートフォン向けのソフト開発で揃えるべき物

Web技術で開発が出来ますがアプリ制作をしますので、統合開発環境をシステムにインストールする必要があります。この統合開発環境には、デバッグ機能や端末エミュレーション機能などが搭載されていますのでソフトウェアの品質を高めたり、実際に機能が正常に動作しているのかを確認したりするのに役立ちます。プログラム部分は、Web技術を使ったソフトウェアやWebサイトを開発するのと同様に、JavaScriptでプログラムを構築していきます。JavaScriptから開発ソフトウェアに同梱されているAPIを呼び出して、スマートフォンで動作するソフトウェアを作っていきます。ネイティブ動作をする部分は開発ソフトウェアが出力する部分が担当してくれますので、開発者が持つべき知識は基本的にWeb関連の技術だけで済みます。

Webとの親和性が高いソフトウェアを開発する

簡単にアプリ制作をしたいのであれば、Webとの親和性が高いソフトウェアを開発していくようにします。別のサーバに設置しているWebソフトウェアをスマートフォンで表示して使えるようにしたいのであれば、Webview機能で表示させるようにすれば良いです。この場合、ネイティブ部分へのアクセスが出来ませんが、オンラインサービスを展開している場合、スマートフォンのブラウザとは違って直接アクセスしてサービスを使えるようになるという利点があります。アプリ制作は、開発のアプローチを変える事で、開発難易度が変わってきます。高度な処理をしたい場合や高速動作させたい場合にはJavaやC++で開発をした方が良いですが、Web技術をベースにする場合にはJavaScriptなどだけで開発出来る環境を構築していけば、より簡単に開発が出来る環境を作り上げる事が可能です。

アパレルから金融系まで業種別にアプリをご紹介! オムニチャネル化を検討されている実店舗、ECを運営している企業をターゲットとしています。 売上げの効果につながる様々な機能をご用意しています。 法人の場合の初期費用や月額費用についてご相談いただけます。実店舗、ECサイトを所有されている企業が手軽にアプリを通じてマーケティングをすることが可能です。 iOS、Androidに対応したアプリを一括更新。 アプリの制作ならヤプリにお任せ!