簡単にできるアプリの制作方法の解説

簡単にできるアプリの制作方法を伝授します

アプリ制作をするにあたって必要なもの

アプリ制作には様々な物が必要というイメージが強いですが、実際にはそのような事は無く、ゲームエンジンやある程度の性能があるパソコンを用意するだけで良いのです。特に簡単なアプリなら特別な環境が必要なわけでもありません。簡単なアクションゲームでもある程度の環境なら可能です。相場としては安ければ3万円程度でも十分ですし、高くても10万円程で良い環境や、必要な物が全て揃えられます。ゲームエンジンでは最低の環境でもよければ無償で利用でき、しっかりとした環境や便利な機能を使用したければ数万円が必要です。パソコンはレベルにもよりますが、高度な処理が必要であれば高価なパソコンが必要になります。簡単なレベルであればこちらも数万円の用意があれば十分です。

ゲームエンジンは無くてはならない物

ゲームエンジンは基礎となる部分で、基本的にはゲームエンジンを使用して制作を行います。ゲームエンジンには様々な種類があり、多くの会社が提供しています。ゲームエンジンには公開されているものと、ゲーム会社等が使う非公開の2種類があります。個人の場合には公開されているゲームエンジンを使う必要があり、多くのゲームエンジンで無償化が行われています。ただし無償化されたゲームエンジンでは一部の機能が使用できなかったり、使い勝手が悪かったりします。無償のゲームエンジンに不満があれば有料のプランを利用することも可能です。ゲームエンジンではオブジェクトを追加したり、重力を追加する等の処理を簡単に行うことが可能です。その他にも実際に動作させながらオブジェクトを調整することも可能です。

行う処理に見合ったパソコンも必要

ゲームエンジンを使用して、複数のオブジェクトを追加したり、複雑な処理を行うとパソコンも相応の物が必要になります。簡単な処理しか行わない場合や多くのオブジェクトを使用しない場合は数万円の市販のノートパソコンなどでも十分使用できます。ただしオブジェクトを複数使用する場合には描画能力が何倍も要求されます。その為数万円のパソコンでは思うように制作が進まなかったり、ストレスが溜まる場合もあります。複数のオブジェクトを表示させる場合はグラフィックボード付きの10万円程度のパソコンが相応しいです。ただし簡単なアプリの制作そのものは安いパソコンや性能の低いパソコンでも可能です。簡単な処理なら数万円、高度な処理を行うのであれば余裕を持って10万円程度のパソコンを用意するべきです。